2014年9月23日火曜日

福臨門 家全七福 by SEVENTH SON 丸ビル店

東京の丸の内ビル内ある中華料理のレストランです。
福臨門海鮮酒店が福臨門 家全七福 by SEVENTH SONと名前が変わりました。
ネットにはいろいろな理由が書かれていますが、よくは分かりません。


続きがあるので、下の「もっと読む」をクリックしてください。



今回はランチを頂きました。


前菜です。
クラゲは固くなく、酸っぱくなく、上品なお味でした。
叉焼はほんのり甘く、まだ温かい状態で頂くことができました。


こちらは、福臨門の点心の中でも一番有名なフカヒレ入りスープ餃子です。
単品で注文すると1800円くらいするそうです。
餃子の中には大きなエビが2つ、フカヒレなど具材がたっぷり入っています。
何よりもおいしいのがスープです。


点心を3品選ぶことができます。
今回は叉焼饅頭、豚肉のトーチー炒め、湯葉巻きの3品を頼みました。
どれもが、うなるほどの美味しさです。





次はエビマヨです。
マヨネーズが嫌いと言っていた友人でも、美味しいと言わせた一品です。
大ぶりのエビが食べ応えありです。


最後に豚肉入りの焼きそばが出ました。
上品な一品でした。


最後にマンゴプリンで〆ます。
意外とたっぷり入っており、満足のいくものでした。
果肉もたっぷりでレベルの高いマンゴープリンでした。


レストランは丸の内ビルの36階にあるので、窓からの眺めも素敵なものでした。


福臨門 丸ビル店広東料理 / 二重橋前駅東京駅大手町駅
昼総合点★★★★ 4.0