2014年11月13日木曜日

ヨコハマトリエンナーレ 2014 アイオーある作曲家の部屋

毛利悠子さんの作品になります。
紙を床にこすりつけ、その汚れ具合を原動力に各楽器の自動演奏を行うという偶然性の音楽が聴ける部屋です。


続きがあるので、下の「もっと読む」をクリックしてください。


このトイレットペーパーのようなものが床をすり、汚れていく仕組みです。




キーボード以外にも色々な楽器が設置されていました。