2015年2月3日火曜日

恵方巻、今年も海鮮よりも、揚げ物が多かった

以前は恵方巻と言えば、関西の風習と噂で聞いていて、たしかセブンイレブンが恵方巻を関東でも販売を始めてから、徐々に知られ始めていったと記憶しています。

その当時は恵方巻とは言わずに丸かぶり寿司と言ってたような気がします。
そして、これを一本何も言わずに食べるのは厳しいなと思っていました。

その後、ローソンやファミリーマートなどのコンビニがどんどん参入してきました。
やはり、豆を食べるよりも、お寿司を食べた方が良いと感じる人が増えたのか、私も購入するようになりました。

最近は巻き寿司に留まらず、スイーツの恵方巻など、横展開が始まっている感じです。

2015年も昨年と同様にお気に入りの恵方巻、とんかつ和幸の恵方巻を購入しました。
今年も昨年と同様に「ひれ」と「大海老」の2種類を購入しました。

とんかつ和幸と言えば、神奈川県川崎市に本店があるとんかつの老舗です。
こちらでは、新宿に本店があるとんかつさぼてんもあり、いつもどちらにしようか悩みます。

とんかつ和幸 とんかつ恵方巻き ひれ



ひれの方は棒ひれのとんかつがキュウリのようにまっすぐ入っているタイプです。
ヒレカツ以外は何も入っていないというきっぱりした恵方巻でした。


大きさがちょうどよく、ヒレカツなので、柔らかいのでまるかぶりにはちょうどいい加減です。
秘伝のたれの味付けも絶妙でした。


とんかつ和幸 とんかつ恵方巻き 大海老


もうひとつの「大海老」、でも何故かとんかつという文字が。。。


流石に大海老というだけあって、頭と尻尾がはみ出しています。
中に入っているのは一匹の大海老なので、相当の大きさです。


尻尾の大きさが大海老の大きさをもの語っているかと思います。
どちらかと言えば、海老の方が美味しいかなあという感じですが、どちらもおいしいです。


極上 海鮮恵方巻


最後に懲りずに「ローソン」で販売されていた「極上海鮮恵方巻」も買ってみました。


こちらは、車海老、数の子、紅ズワイガニを使った贅沢な一本となっており、お値段も980円です。
海苔も京都 音羽山 清水寺 御祈祷海苔使用と気合が入っていますが、やはり平凡なお味で、とんかつ恵方巻の方が美味しいと思いました。