2015年3月23日月曜日

ラグジュアリー和ホテル 風の薫 夕食は想像以上の美味しさ

ウェルカムドリンク&オードブル

タクシーでホテルに乗り付けると、そのまま、レセプションルームに案内されます。
そこで、座ってチェックインの手続きをするのですが、同時に素敵なお飲み物とオードブルが供されます。

飲み物は色々な種類から選ぶことができましたが、今回もスパークリングワインにしてもらいました。

最近はこのようなスタイルのチェックイン方式を採用する宿が増えてきたような気がします。





飲み物だけでなく、オードブルまで出てくるのが嬉しいです。
オードブルは見栄えも含めて、素敵なものが出てきます。
ここでしばらく、ゆったりとできるので、チェックイン前に落ち着きを取り戻せます。


お部屋でのお楽しみ

お部屋に行くと、お約束のお茶請けのお菓子がテーブルに用意されていました。
やっぱり、温泉まんじゅうが嬉しいところでしょうか。


夕食

ここはホテルと名乗っていますが、原則、一泊二食付きがデフォルトとなっています。
前回宿泊した時は、食事処でしたが、今回は上階の個室にして頂けました。

食事の時間は予約時に指定が可能で、二部制となっています。
私の場合は、部屋でゆっくりしたいというのもあって、遅い方の時間にしました。
夕食は最初に食前酒が供されるのですが、5種類も出てきます。
手書きのキュートなお酒の説明が楽しいです。


長芋酒盗がけ

完全にお酒のつまみという処でしょうか。
普段はお酒は飲みませんが、食前酒があったので、美味しく楽しめました。


寒鯖握り

流石に海をもつ都市にあるホテルだけあって、旬の新鮮なお魚がでて嬉しいですね。
何の生臭さもなく、頂くことができました。


大根のお椀

透明な澄まし汁のお椀でした。
大根がとろけそうなくらい、煮込まれていました。


八寸

お酒を飲まない私でも美味しいと思いました。
バラエティに富んでいて、それぞれ特徴があり、味わいや歯ごたえが変わっていて楽しく頂くことができました。


御造り三点盛り

それぞれの魚に合うように醤油が刺身、白身、土佐の3種類で楽しめます。
山葵も本格さめ皮おろしで本わさびをすることになります。

ここでいくつか新しく知った事実があります。
一つはサメ肌と言いますが、サメの肌ではないという事。そして山葵はすってしばらくたつと、山葵の風味がなくなり、そのまま食べられるようになる事。

お刺身はぷりぷりで弾力があって、どれもが美味しく頂くことができました。



焼き物

鰆の味噌漬けです。
こうして食べているとやっぱり、魚は味噌や西京焼きが美味しいなと思いますね。
付いている生姜も口直しに最適です。


今回は追加料理として、牡蠣の料理も楽しみました。
こうしたもっと食べたい人向けに追加で料理を頼める仕組みは悪くないですね。
この汁がとても美味しくてご飯にもかけて食べちゃいました。


メイン料理は鰤しゃぶでした。
鰤は肉厚でとても食べ応えのあるものでした。


鰤は大抵の場合、鰤の照り焼きとして食べることが多いのですが、しゃぶしゃぶで食べるのはまた違った鰤の良さが分かる料理でした。


更に地物の金目鯛の雪中蒸しです。
金目鯛自体、とても美味しいのですが、この山葵が載っているのがポイントだと思いました。
これがなかったら、美味しさは半減していたと思います。


ご飯は牡蠣の炊き込みご飯でした。
かなりお腹がいっぱいになってきていましたが、美味しいと別腹になりますね。



先ほどの牡蠣の別品料理の汁をご飯にかけて食べて正解でした。


最後は和食人が作った杏仁豆腐でした。
もちもちしてとても美味しい仕上がりになっています。