2015年7月5日日曜日

北海道料理 絆

北海道料理という冠が付いていたので、以前から気になっていたお店でした。



札幌市内には2店舗あり、どちらも、某ビジネスホテルのレストランという感じで入居しているのですが、実際に行ってみると、かなりの高級店。特に日本酒には力を入れているお店でした。
今回は座敷にしてもらいました。


最初に注文したのが、野菜スティックです。
こちらは、日本酒の麹を使った味噌で頂くもので、味噌が絶品でした。


次は北海道の居酒屋の定番であるザンギです。
味付けが素晴らしく、今まで食べた中でも上位かなあと感じました。


次も北海道では定番の行者大蒜の天ぷらです。


ポテトフライも、北海道らしく、2種類のじゃがいもが使われいます。
私の大好きなインカのめざめも使われていたので、そのままで食べると甘みを感じる美味しいポテトフライとして頂くことができました。


また、このポテトフライは塩味で頂くのではなく、バターにアンチョビが載っているものが付いてきました。いままで食べたことがない味で、これは家でもやってみたいと思いました。


海鮮も少し頂こうと思い、塩水雲丹とまぐろの盛り合わせを頂きました。
美味しい雲丹は本当に味がないのではというくらい、まろやかな味わいです。


マグロは、赤身、中トロ、大トロとそれぞれのマグロを味わえました。
やっぱり、中トロくらいが一番安心して食べられるかなあと感じました。



最後に北海道料理を何点か注文しました。
最初は、[名寄名物] 煮込みジンギスカンです。今まで何度もジンギスカンは食べたことがありますが、煮込みは初めてでした。
すき焼きのように美味しく頂けました。すき焼きもラム肉で食べてもおいしいかもと思わせるほどでした。



次は以前から一度食べてみたいと思っていた[十勝名物] 牛とろ丼もメニューにあったので、注文しました。流石に少しお腹も膨れてきたので、今回はハーフで。
牛トロは牛肉を凍結させ、フレーク状にしたものを温かいご飯に載せ、溶けさせて食べるものです。
味はタレが醤油ベースというのもあって、マグロのネギトロを食べているかのようでした。
これはまた食べてみたいと思わせるほどの絶品でした。


最後の〆は濃厚雲丹雑炊で〆ました。
濃厚と言っても、雲丹がたくさん入っているだけで、味的には濃厚ではなく、さっぱりと頂けました。





居酒屋 / さっぽろ駅(札幌市営)大通駅札幌駅(JR)
夜総合点★★★★ 4.0