2015年7月28日火曜日

恵庭市 えこりん村 とまとの森

えこりん村とは、
公式サイト(http://www.ecorinvillage.com/)からの引用です。

未来の子供が幸せに暮らすために
「環境負荷を軽減し、持続可能な社会の形成に貢献したい」この想い<えこ>を実現するために、動植物をはじめとする自然環境とのつながり<輪=りん>を大切にしながら展開する小さなコミュニティー<村>。 それが「えこりん村」です。
これまで私たちは安全な食を提供し、食を通じて地域や文化が豊かになること、食を育む人とそれを食べる人が共にしあわせになれることを目指してきました。
そのために肉や乳製品をお届けする酪農をはじめ、レストランを自分たちが栽培した花で飾るなど、さまざまな角度から農業に取り組んできました。

さらにレストランから出る生ゴミや家畜糞尿を有機肥料へリサイクル、二酸化炭素の排出を抑える技術開発など環境への負荷を軽減させるエコロジーへの取り組みも行ってきました。
「えこりん村」では、これまで私たちが考え、実践してきた自然への理解や環境問題への様々な対応策、文化的な試み、そしておいしく健全な食の提案などを展開し、「未来の子供が幸せに暮らすために今必要な情報発信をすること」と「お客様に最大のご満足を提供すること」を目指します。
えこりん村で、とまとの森というのが出来ていました。
普通20~30個ほどしか収穫できないトマトも、「とまとの森」では1株から13,000個以上を実らせているそうです。



本当に一株だけでした。


村内はゾーン間にバスが運行されています。
バスからは長閑な風景が見られ、それだけでも嬉しくなります。