2015年8月31日月曜日

夜空のジンギスカンは夜景と美味しいジンギスカンが楽しめる素敵なお店

「夜空のジンギスカン すすきの交差点前」は名前はちょっと不思議な名前ですが、眺望を確保するための窓ガラスが大きく、夜景を眺めながら、ジンギスカンが食べられるという事に由来しているとのことです。

支店が何店かあるようですが、このすすきの交差点前の支店は名前の通り、すすきの交差点が見える位置にお店があり、有名なニッカのイルミネーションが見られます。


雑居ビルの中にありますが、入り口がとても重厚でちょっとびっくりします。


今回は予約していったので窓際席になりました。
窓の外にはすすきのの夜景が溢れていました。


テーブルの上には既におなじみのジンギスカン鍋がスタンバイされていました。


タレは2種類あります。
やはり、東京で食べるジンギスカンのタレに比べたら、抜群に美味しいです。


まずは様子見という事で、食べ比べセットを注文。
ラムとマトンの食べ比べやラムロースなどが味見できます。
マトンは本当にこれがマトンかと思うくらい、ラムと比べてそん色がありません。


美味しいという事が分かり、いよいよ注文開始です。
まずは、懐かしい丸い形のラム肉を注文。柔らかくて美味しいです。
北海道のスーパーでは普通に販売していますが、お店では中々出会えなく、レアなものとなっているかと思います。



前回、北海道に来た時に鹿肉が美味しいという事を知ったので、日高産 エゾシカジンギスカンを注文。予想通り、臭みも癖もなく、ペロリと行けました。


北海道産生ラムロースを注文。北海道でも、やっぱり道産の羊肉は高級品です。
脂身もとっても美味しく、やはり、牛肉とはまた違ったおいしさを感じます。
また、最近流行のサフォーク種の羊肉である北海道士別産サフォークを注文。
こちらは別のお店ですが、専門店で食べて一目ぼれしたお肉です。
このお店のサフォークもとっても美味しい一品でした。



その他の訪問レポート記事

夜空のジンギスカン すすきの交差点前 すすきのの夜景を見ながらジンギスカンが食べられる店

夜空のジンギスカンは、札幌市内にあるジンギスカン専門店です。 3つの支店があり、それぞれ特徴があります。 夜空のジンギスカン本店 夜空の味付けジンギスカン 夜空のジンギスカン すすきの交差点 それぞれの店舗で微妙にメニューが異なります。例えば味付けの店では今札幌で流行り始めている「ホルジン鍋」などが食べられたりします。 今回は「夜空のジンギスカン すすきの交差点」に訪問しました。 ...

夜空のジンギスカン すすきの交差点前ジンギスカン / すすきの駅(市電)すすきの駅(市営)資生館小学校前駅
夜総合点★★★★ 4.0