2015年9月10日木曜日

オランダせんべいは北海道民のソウルフード

オランダせんべいは北海道の根室の歴史あるもっちした食感の銘菓です。
元祖と言われているオランダせんべいは昭和25年から端谷菓子店で販売され、商標登録もされているとのことです。

根室まで行かなくとも、札幌市内のデパ地下や東京などにある「北海道どさんこプラザ」でも購入できます。

ただ、製造から時間が経っているものは、かなり固くなっているので、相当歯が強くないと食べられない感じになってきます。




食感がとっても独特で、湿気たせんべいのような感じです。
またもっちりしたワッフルのような感じでもあります。
少し甘みがあり、飽きがなく食べられます。

北海道に行くともう一種類のオランダせんべいに出会います。
こちらはワーキングハウスさんという会社で根室にあるようです。
特徴は色々な味があるという事でしょうか。
ミルク味、黒糖味、等等です。