2015年9月30日水曜日

神奈川県庁舎 一般公開 外観が凄い県庁は内部も凄かった

神奈川県庁舎は関東大震災で焼失した旧県庁舎の再建として1927年に建造されました。
当時流行の帝冠様式を取り入れており、現役で使われている庁舎としては大阪府庁に次ぐ2番目に古い県庁庁舎だそうです。

横浜税関本関庁舎のクイーンの塔、横浜開港記念会館のジャックの塔とともに横浜大桟橋から見える塔「横浜三塔」の一つに数えられており、通称キングの塔と言われています。


こちらの県庁庁舎、不定期に月に1回程度一般公開されます。
今回は目の前の日本大通りで行われていたイベントに合わせて公開されていました。


横の入り口から入るといきなり年代を感じるエレベータがありました。


わざと古さを出すために、エレベータの階表示を針式にするところもありますが、こちらは、そもそもこの形で設計されたようです。


階段付近は重厚な大理石をふんだんに使っており、装飾品も素敵なものが多数ありました。
特に床面がシックでとても素敵な感じです。


壁面も単なる白い壁でなく、下半分に石を張るなどの装飾が施されています。



階段を上がると正面に不思議なオブジェがあったりします。
階数の表示にもレトロ感を感じさせます。


まるで、大昔の銅鏡のような飾りもあり、歴史を感じさせます。


こちらは、階段の手すりに設置されていたオブジェですが、一体何を表しているのか。。。


公開されている部屋の中にはとてもゴージャスな部屋もありました。
こちらは旧貴賓室です。


北海道の道庁にも雰囲気の似た部屋がありました。
窓の飾りひとつとっても、手を抜いていないなあという感じです。



天井にも装飾が施されており、ランプも雰囲気のあるものでした。