2015年10月1日木曜日

神奈川県庁舎 一般公開 屋上は横浜三塔が見られるベストスポット

一般公開では旧貴賓室、旧議場、知事室、そして屋上が特別に公開されています。
公開された場所の中で一番見ごたえがあったのがここ旧議場です。

一般公開のときに合わせて、イベントを行うスペースとしても使われており、神奈川県にまつわるイベントが色々と行われています。

今回は神奈川県の地産地消として、地元の農産物や商品を展示しておりました。


大きなシャンデリアが一番目に付きます。


天井も装飾はありませんが、格天井となっています。
奈良ホテルのダイニングなどを彷彿とさせる造りです。


旧議場の周りにはおそらく議会を聴講する場所と思われる中2階の廊下のようなものがありました。


この神奈川県庁庁舎の愛称がキングという名がついていますが、愛称の元となっている塔に登れる階段がありましたが、非公開でした。


屋上も公開されておりました、階数的には6階程度の高さなので、高くはないですが、比較的眺望は素敵でした。


横浜大桟橋がよく見えます。
今日は残念ながら、客船などが入港していませんでした。


こちらは横浜税関本関庁舎。通称クイーンの塔です。
残念ながら、みなとみらい地区のほうはビルに邪魔されて見えません。
ちらっと、頭だけ、ヨコハマ グランド インターコンチネンタルホテルが見えます。


ベイブリッジもかろうじて全景を見ることができます。
幸運な隙間でしょうか。


こちらは「横浜市開港記念会館」。通称ジャックの塔。


「キングの塔」もまじかに見られます。
つまり、この屋上からは、横浜三塔と言われる塔を全て見ることができるという訳です。


この3つの塔を1日で巡ると、願いが叶うという伝説があります。これが「横浜三塔物語」という名前で有名になった伝説です。最近はカップルで巡ると結ばれるという話も出てきました。


実際に使われいる知事室も公開されていました。
黒岩知事は不在のようで、写真パネルが飾られていました。
黒岩さんの時から、知事室を公開するようになったという事なので、公開されてまだ何年もたっていないという事のようです。