2017年10月29日日曜日

品のあるハロウィーン装飾 ヨコハマ グランド インターコンチネンタルホテル

クリスマスの飾りはホテルでは恒例で実施しているところが多いですが、最近はハロウィーンの飾りも定着してきているので、ホテルでもハロウィーン装飾をするところが増えてきている印象があります。

横浜市みなとみらい地区にあるヨコハマ グランド インターコンチネンタルホテルのハロウィーンの装飾をご紹介します。






2017年のハロウィーン装飾


ここ数年でハロウィーンも定着して来たのか、あちこちで見かけることも多くなってきたので、違和感を感じなくなってきています。
今年のヨコハマ グランド インターコンチネンタルホテルの飾りは恒例?の大きなカボチャさんがドーンとお客様をお迎えします。


ハロウィーン装飾というと黒が基調になってしまうことを逆手にとって、夜景のような装飾がホテルのレストランであるオーシャンテラスの前に登場していました。
これはアイデアだなと感心しました。






2015年のハロウィーン装飾


ハロウィーンと言えば、カボチャということで、巨大なカボチャが置かれていました。それでも、流石はホテル、上品な飾りでした。


私も未だにハロウィーンって何?っていう感じなので、このような飾りを多く見かけることで刷り込みが行われていくんだろうなあと感じました。


お化けを飾るわけにはいかないのか、あちこちで南瓜押しでした。
黒ばかり使うわけにもいかないと色々と制限があって、苦労を感じます。


夕方はパーティがあるのか、貸し切りができるお店などは飾り付けが忙しかったようです。