2015年11月23日月曜日

京都紅葉 常寂光寺の紅葉は早いのか色づきが悪いのか

京都の紅葉は例年11月の20~24日の間のお休みの期間に行きますが、今年の常寂光寺の紅葉は例年の中でも最悪な状態でした。

JR東海や観光協会などの発表では、一部見ごろとのことでしたが、確かにまだ緑が多く、所々が赤い感じだったので、一部見ごろというのは間違いないとは思いますが、既に多くの葉っぱが落葉し、更には枝に付いている葉っぱも既に腐り始めている状況でした。

このまま時間が過ぎても、例年のような素敵な紅葉になるようには思えませんでした。



例年ですとこの山門の周りを覆い尽くすように紅葉の枝が縦横無尽に広がっていますが、今年は数本しか紅葉の枝が見えてない状況です。
更に色がまだらになっており、更に腐っている葉っぱの影響で紅葉がくすんでいる感じです。


山門の階段を登り、振り返った時の紅葉の素晴らしさがこの常寂光寺の紅葉の醍醐味ですが、今回は、微妙な感じです。
やはり、緑の楓がとても目立つような感じです。



本堂横にある赤くなるカエデはなんとか見られる感じに紅葉していました。
今回の常寂光寺の紅葉で一番見ごたえのある紅葉の木でした。


引きの構図では、あまりにも紅葉らしくないので、少しアップの紅葉も撮影してみましたが、ちょっと無理がある感じになってしまいました。



最後にいつも撮影する構図での写真です。


本ブログの「私が実際に行った日本全国のイチオシ紅葉の名所」を紹介した記事のリンク集です。

私が実際に行った日本全国のイチオシ紅葉の名所

ブログ内で紹介した日本全国の紅葉の名所の記事のリンクをまとめたものです。