2015年11月24日火曜日

京都紅葉 宝筐院の中央フリーウェイの紅葉トンネルは未完

京都の嵯峨嵐山にある宝筐院は、境内が縦長になっていて、中央に反対側の端に行ける石畳の通路があります。

例年ですと、この中央通路、私は中央フリーウェイと呼んでますが、この通路に覆いかぶさるように色々な色に紅葉した楓が枝を伸ばしている光景を見ることができます。

しかしながら、2015年の紅葉は8割が緑、あとは黄色、そして少しだけ紅という色づきの状態でした。JR東海、観光協会の判定は一部見ごろでしたが、常寂光寺の紅葉よりも、見ごろになっていない印象を受けました。



少し、赤くなっている部分を切り出してみると、楓の葉っぱが既に腐りかけていて、余計くすんだ色になってしまうという状況でした。


いつも真っ赤になる木を見に行きましたが、何となくまだらに色づいていました。
でも、この境内の中では紅葉している方の木になります。


庭の奥の方に行きましたが、やはり左右を見渡しても緑の楓が目立っていました。


真っ赤になっている葉っぱを偶然にも見つけたので、アップで撮影をしました。
今回、境内で出会った葉っぱの中で一番真っ赤な葉っぱだったと思います。



本ブログの「私が実際に行った日本全国のイチオシ紅葉の名所」を紹介した記事のリンク集です。

私が実際に行った日本全国のイチオシ紅葉の名所

ブログ内で紹介した日本全国の紅葉の名所の記事のリンクをまとめたものです。