2015年11月26日木曜日

京都紅葉 鹿王院の期待の楓の木は黒ずんだ色づきでした

昨年紅葉を楽しんだ鹿王院。場所の土地勘が付いたので、京都嵯峨嵐山の宝筐院から徒歩で歩いて見たら、20分程で到着しました。

鹿王院という駅は嵐電にありますが、無理に混雑した電車の乗らずとも、簡単に行けることが分かりました。

例年は門から入った真っ直ぐの参道に覆いかぶさるように紅葉した枝が枝垂れているのですが、今年は残念ながら、赤い葉っぱが少なく、更に赤い葉っぱを持っている枝も少ないという感じでした。



参道の一番奥には赤く紅葉した木が一本だけありましたが、実際には参道を進み、入り口の方を見た時に分かる感じなので、帰りに見つけている人が多かったように感じました。


舎利殿横の真っ赤になる木は赤と緑が入り混じった感じの紅葉で、遠目に見るとまだらのような感じに見えてあまり美しい感じではありませんでした。


もう少しアップで見てみると太陽がたくさん当たる方の枝の先だけ赤くなっている感じです。



逆に舎利殿を含めて遠景で撮影すると、殆ど紅葉していないように見えます。
庭を鑑賞する縁台から見える側は太陽の光線が当たりにくい方角なのでしょう。


赤い部分だけを切り出して撮影してみても、無理がある構図になってしまいます。


先ほどの入り口の参道の綺麗な紅葉も、遠景で撮影すると周りは緑色に囲まれているのが分かります。


本ブログの「私が実際に行った日本全国のイチオシ紅葉の名所」を紹介した記事のリンク集です。

私が実際に行った日本全国のイチオシ紅葉の名所

ブログ内で紹介した日本全国の紅葉の名所の記事のリンクをまとめたものです。