2015年11月5日木曜日

京都紅葉 嵐山は雄大な紅葉が一望できる

京都の紅葉と言えばという話になると必ず上がるのが嵐山でしょうか。
嵐山界隈にあるお寺さんも紅葉の名所が多いですが、嵐山自体の紅葉が京都の中ではかなり大ミックで自然な紅葉として見られるのではないでしょうか。

2014年の紅葉は残念ながら少し早目の印象がありましたが、それでも紅葉が綺麗に見られました。

手前の紅葉の木の借景として嵐山を見るのが良い感じです。



紅葉を少し多めに入れてしまうと、嵐山がほとんど見えなくなってしまいますが、それはそれでいいかなと思いました。


紅葉も一本だけだとちょっと寂しいというかんじでしたら、紅葉の木が並んでいるところを狙うのも良いかもしれません。


嵐山を主人公にすると少し色が足りないかなあという印象もありますが、これはこれで、自然な感じで良いのかもしれません。




色づいているところだけを切り出しても、あまり感動できる紅葉ではない感じがしますね。
かなり、枯れ木も目立ってしまいます。


嵐山の横には桂川なる川が流れています。
河川敷に少しだけ紅葉がありましたが、こちらも切り出しが必要なので、ちょっと不自然でしょうか。


嵐山をふらふら歩いていると、時折、綺麗に色づいている紅葉の単独の木があったりします。


やはり、京都の紅葉をというのを印象付けたい場合は、神社仏閣を絡めて撮影するのが良いのですが、中々都合よく紅葉している木がある訳ではないというのが難しいところでしょうか。
大抵はこんな感じで無理やり入れているって感じになってしまいます。


神社仏閣の全体を入れるのではなく、こうして一部を切り取ってもお寺の感じが出る場合もあるので、諦めずに探すのが良いかもしれませんね。


あまり、もみじをアップにしすぎると痛んでいるのが目立っちゃいますね。


この木はかなりチリチリな感じでしたが、引いて撮ると真っ赤に見えますね。



本ブログの「私が実際に行った日本全国のイチオシ紅葉の名所」を紹介した記事のリンク集です。

私が実際に行った日本全国のイチオシ紅葉の名所

ブログ内で紹介した日本全国の紅葉の名所の記事のリンクをまとめたものです。