2015年11月8日日曜日

パティスリー ア・ラ・カンパーニュ溝口店 南仏のカフェ

パティスリー ア・ラ・カンパーニュは神戸発祥のパティスリーです。
コンセプトは南仏プロヴァンスのイメージで土壁、テラコッタ、古木、アンティーク家具を使用し、素朴かつ温かみ、清潔感がある店舗を目指しているとのこと。

このパティスリー ア・ラ・カンパーニュが直営しているカフェが川崎市の溝口にあるマルイファミリー溝口にあります。

店内は吹き抜けで、ガラス張りのとても明るい印象のあるカフェとなっています。

旬のフルーツを使ったケーキが自慢というのもあって、そのフルーツを使ったジュースなども豊富なラインナップとなっていました。

今回は、愛媛県のみかん農家のみかんを使った100%みかんジュースを頂きました。


また、ここのカフェでは時折、不思議な瓶の飲み物を提供してくれることがあります。
今回は日本のラムネに似ているFrulaを頂いてみました。


ラムネのビー玉を留めるのに使用する凹みが瓶にありました。
ビー玉が中に入っていたので、おそらく、ラムネと同様にビー玉で栓がされていたと思われます。


味は、マンゴー、ライチ、ラフランスの3種類があるようでしたが、今回はライチを頂きました。
コップの方にもレモンを入れて頂いている処がオシャレですね。


残念ながら飲み物自体は無果汁ですが、所謂ライチの味はしました。
普段見かけない飲み物で楽しむのも悪くはないですね。


2014年に飲んだ不思議な飲み物が気になる方は以下の記事もご覧ください。

ア・ラ・カンパーニュ 溝口店では日本未発売のチェドラータが飲める