2015年11月10日火曜日

ミレニアム三井ガーデンホテルのNiKO GINZAのブッフェはコスパ最高

2014年12月17日に東京の銀座にグランドオープンした「ミレニアム 三井ガーデンホテル 東京」には、ランチブッフェを実施している「ALL DAY DINING NiKO GINZA」があります。

銀座には「三井ガーデンホテル銀座プレミア」というホテルもあるので、よく間違う方も多いようです。

この「ALL DAY DINING NiKO GINZA」で提供されているランチブッフェがお値段に比較して、提供される料理が豪華なものが多くて、コストパフォーマンスがとっても高いと感じました。

まず、驚きなのが、板前さんが目の前に握ってくれる握り寿司があります。
ネタ自体は雲丹などはありませんげ、海老やマグロ、サーモンなどの定番のネタは用意されています。



次の料理は、ランチというのに、蟹が用意されています。
ズワイ蟹ではありますが、解凍直後のべとべとしたものではなく、塩味もきつくなく、美味しく頂ける蟹でした。



続いての料理は、目の前で焼いてくれるわけではありませんが、ステーキも用意されています。
目の前で焼く訳ではないので、行列もなく、好きなだけ取れるので、こちらの方が良いという方も多いのかなと思います。


そして、あまり目立ちませんが、色々な素材が串に刺されたものがあります。
その中には、鰻の串もあります。一口サイズなので、気軽に食べられるのが良いですね。
少しタレが多くて、焼き立てと言う感じではなかったのが少し残念でした。


和食が中心のようで、天ぷらもありました。
こちらも、目の前で揚げてくれるわけではないので、カラッとはしていませんが、あるだけすごいと思います。


ターゲットは女性のようで、おばんざいのように色々な食材を使ったおかずが色々と用意されていました。色々なものを少しづつ食べるにはちょうど良い感じです。


中にはおでんや肉じゃがのような煮物もあって、ご飯と一緒に食べたくなってきます。


イタリアンのように色々な形のマカロニをつかったものもありました。
種類が豊富なので、あまり食べるものが重ならずに、色々と楽しめるのが良い感じです。


日本料理の定番である、お蕎麦もあります。
それも、通常のお蕎麦だけでなく、茶そばまであります。お蕎麦が2種類あるというのは私にとっては初めて見たような気がします。



女性の方が喜ぶサラダ類も普通のサラダのラインアップに加えて、少し珍しい野菜も用意されていました。サラダにしてはかなりのワイルド感がありましたので、ドレッシングをかけるのが結構大変でした。



ブッフェの定番、カレーもちゃんとあります。
ホテルのカレーにしては、少し緩い感じがします。こちらは洋風にしても良かったのではないかと思いますが、お腹が膨れている状態ではこちらの方が優しく食べられました。


デザートも和洋取り揃えがありました。
ホテルのブッフェのデザートによくある、小さなカップに入ったゼリーやプリン等があります。
そして、わらび餅もあったりします。



生の果物もありました。
ライチは熟していたものが多くて、美味しく頂くことができました。


言い忘れましたが、飲み物もジャスミンウーロン茶など一風変わったラインナップが用意され、飲み放題となっています。
そして、これだけの内容で、税込み2,680円は相当お得ではないでしょうか。


ALL DAY DINING NiKO GINZA創作和食 / 東銀座駅銀座駅銀座一丁目駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5