2015年12月31日木曜日

東京イルミネーション 銀座界隈は品位のある装飾

東京イルミネーションの紹介です。
銀座通りのイルミネーションは「GINZA ILLUMINATION ヒカリミチ2015~樹がつなぐ未来~ 」というタイトルが付いていますが、通り全体が明るいことと、通りの違法駐車が多いので、まったく感動のないイルミネーションになっています。

そんな中でも、建物自体のイルミネーションに力を入れているところが多く、こちらの方が見応えがあったかと思います。

銀座ブルガリ

一番目立つイルミネーションが銀座ブルガリのセルペンティのイルミネーションでしょうか。
ジュエリーのアイコンとしてセルペンティを採用しているという事で、イルミネーションにも採用されているようです。
セルペンティは古代文明の神話や伝説に何世紀にもわたって登場する生物。英知、生命力、そして永遠の象徴となっています。
日本空間デザイン協会専門家による日本空間デザイン協会賞(DSA賞)と銀座通連合会部門優秀賞の「時計・宝飾・眼鏡・カメラ部門」をダブル受賞しているとのこと。



サルヴァトーレ フェラガモ 銀座本店


フェラガモ・レッドのボックスを白いリボンで結んだ“ラッピング・ボックス”をイメージしたイルミネーションになっています。


銀座EXITMELSA

暫くの間、リニューアル工事をしていましたが、外観は看板以外は変わっていないような気がします。


山野楽器

銀座ミキモト本店の建て替えに伴い、1976年から続いてたミキモトジャンボクリスマスツリーが2014年に最後の展示となりました。
そのミキモトジャンボクリスマスツリーを隣にあった山野楽器が継承することとなりました。
使われているもみの木は山野楽器の社長自ら福島で選別したそうです。


4℃ ブライダル 銀座本店

4℃は元町の店舗と同様なイルミネーションでしたが、こちら方が綺麗な感じがしました。


マロニエゲート

マロニエゲートは落ち着きがあり、品位のあるクリスマスツリーが飾られていました。


外観も、クリスマスカラーを使ったイルミネーションが実施されていました。