2016年1月8日金曜日

京都の老舗料亭菊乃井のお惣菜は上品な味付のものばかり

菊乃井は京都の老舗料亭のため、関東にいると中々簡単に行くことができませんが、関東のデパート 日本橋高島屋 玉川高島屋 新宿高島屋 横浜高島屋にお惣菜の店舗を出しているので、時折購入することができます。

菊乃井は北政所が茶の湯に用いた菊の花が咲くように湧き出る「菊水の井」を代々守っていましたが、そのお水を使って料理を作るようになってからは屋号もそれにちなんで「菊乃井」とし、 大正元年に創業しました。

菊乃井主人 村田 吉弘さんは三代目だそうで、980坪の敷地をもつ懐石料理を楽しめる京都の代表的な料亭となっています。

ちなみに「ミシュランガイド関西2015」において 3つ星の評価をされています。

黒豆煮


お正月には必ず購入する黒豆です。
関西だけあって、兵庫県丹波地方の黒豆を使っており、更にその中から手選したものを使っているこだわりようです。
豆の大きさ、柔らかさ、そして味付けの甘さ加減が絶妙です。


松風


松風焼きとは、表面にケシの実を散らして焼いた料理のことを言うようです。


海老芋と棒鱈煮


海老芋と棒鱈というと、京都にある「いもぼう」平野家本店で供される300年の歴史がある一子相伝の料理 京名物「いもぼう」を彷彿とさせますが、こちらはこちらで薄味で美味しい仕上がりになっていました。



松笠くわい甘煮


くわいは水生多年草であるオモダカの栽培品種でこの品種の塊茎の部分に当たります。
芽が出るという事で縁起物とされ、正月によく食されるとの事。
感じとしてはゆり根のような感じでした。


彩り盛合せ


このままでおせち料理になるのではという感じの盛合せがありました。
内容は、粟煮、栗渋皮煮、百合根、金柑煮、梅煮、手毬麩が入っている盛合せでした。
色々な味が楽しめてお得感があります。



金柑煮


最近はそのまま食べられる金柑も販売されていますが、お正月には何となく似ている方がお似合いな感じがします。


栗きんとん


菊乃井の栗きんとんは、餡の方も栗と同等くらい美味しい仕上がりになっていました。
餡も残さずにペロリといけます。