2016年1月18日月曜日

皇居東御苑の椿の種類は目を見張るものがある

皇居東御苑の椿は一か所に固まっているわけでなか卯、あちこちに点在しています。
個人的には乙女椿を除き、あまり花が開花しない「侘助」「太郎冠者」のようなタイプの椿が好みです。

椿は日本を代表する花のひとつだそうで、日本の西半分の比較的暖かい地方にある藪椿、日本の東半分の比較的寒い地方にある雪椿が代表格だそうです。

皇居東御苑では、蝦夷錦 楼蘭 五色椿 さつま紅 赤西王母 乙姫 永楽 光源氏 百路の日暮 珠錨 岩根絞 袖隠 ヤブツバキ 太郎冠者 数奇屋 白侘助 ユキツバキがこの時期咲き始めていました。




太郎冠者も侘助もラッパ状にしか開かない椿ですが、侘助は太郎冠者の子孫にあたるそうです。