2016年1月3日日曜日

唐苑酒楼 今まで通り過ぎていたのが残念と思わせる美味しさ

唐苑酒楼は横浜駅からみなとみらい地区に行く途中ある中華料理のお店です。
大抵の場合、横浜駅周辺でランチしたり、みなとみらい地区でランチすることが多かったので、このお店の前は何度も素通りするだけでした。

更にこの近くにあるM/M GRAND CENTRAL TERRACEに四川料理の天府城が出来たので、この辺りで食べるときにはそこに行くことが多くなりました。

しかし、今回ようやく行ってみようという事になりました。



海老と玉子の炒め


ここは注文してから料理が出てくるのが結構早いと感じました。
さっぱりしたものを一品という事で注文してみましたが、少し塩が強すぎると感じました。
油が感じられるのは中華なので、まあよしというところでしょうか。


豆苗の炒め 

中華の野菜炒めは何気に美味しいと感じます。
豆苗や空芯菜などは中華の野菜炒めの代表格でしょうか。


牛バラ肉の醤油煮込み

甘い味付けかと思ったら、大きな唐辛子が入っていて、後味にピリッとくる味付けでした。
お肉は箸で切れるくらいに柔らかく煮込まれていました。
味はそれほど濃くなく、ご飯が欲しいと思うほどではありませんでした。


うなぎ入り特製醤油チャーハン

店頭に大きく宣伝されていたメニューで、一番気になっていた料理でした。
料理が運ばれてきたときには鰻の薫りがとってもしていて、食欲を誘います。
中国上海たまり醤油で味付けする所謂黒炒飯と呼ばれる仕上がりで、鰻と同じ色をしているので、あまり鰻が入っていないように見えますが、意外と入っていて楽しめます。
今回一番美味しいと思えた料理でした。



中国美食 唐苑酒楼四川料理 / 新高島駅高島町駅みなとみらい駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5