2016年3月17日木曜日

新宿御苑には源平桃のような木瓜がたくさん咲いている

新宿御苑は環境省が管理している公園で江戸時代に信州高遠藩主であった内藤家の屋敷があった場所に明治39年に皇室の庭園として新宿御苑が誕生しました。

新宿御苑の日本庭園ゾーンに木瓜の大株がいつくか植えられています。
とても大きな株で、私よりも大きいのではないかと思うくらい大きいです。

早春の桜を見にくる時期に咲いていることが多いので、遭遇率が高いですね。

ここで咲く木瓜の色がとても愛らしくて好きです。


見に行ったときには木瓜の最盛期と思わせるくらい花が密集していました。
でも、まだ蕾がたくさん残っているので、更におしくらまんじゅうのようにくっつきあいながら咲き続けるものと思います。






同じ時期に咲いている早春の桜もご紹介しています。


新宿御苑 早春の桜はピンク色が濃くて可憐 : 珠玉の空間

東京の桜の名所である新宿御苑の早春に咲く桜をご紹介します。山桜、河津桜、修善寺寒桜、陽光、寒桜、大寒桜