2016年3月19日土曜日

筑紫樓 魚翅海鮮酒家 丸の内店 ここの紅焼に使う醤は最高

筑紫樓は1978年に東京恵比寿に中国料理店筑紫樓として創業しました。
魚翅海鮮酒家の名の通り、フカヒレを中心とした中華料理のお店です。
現在は、銀座店、恵比寿店、丸の内店、八重洲店の4店舗が存在します。八重洲店は筑紫楼ふかひれ麺専門店ということで、頂上麺専門店となっています。

丸の内店は東京駅前にある丸の内ビルの5階に位置します。
流石に高級店だけあって、テーブルの上にはテーブル飾り皿が置かれています。


中国茶ポットサービス



お茶はポットで無料サービスがあります。
ちゃんとアルコールランプで保温されております。


ふかひれのお刺身



前菜はフカヒレのお刺身です。
フカヒレのお刺身は以前、ホテル椿山荘東京がフォーシーズンズホテルだったころに、中国の迎賓館に当たる釣魚台にあるレストランの一つ「養源斎」が出店して、そこではじめて食べた記憶があります。その時には蜂蜜で食べました。
コリコリとしていて不思議な食感です。



フカヒレと蟹肉のスープ



見た目以上に濃厚で奥深い味がするスープでした。
蟹の配分が絶妙で邪魔しない程度に主張していました。



大海老の葱生姜炒め



大海老というだけあって、一口では食べきれない大きさでした。
生姜と葱の薫りが混じってとても美味しい一品でした。



フカヒレの煮込み



今回のコースのメイン料理になります。
大きなフカヒレが一枚使われていました。でも、筑紫楼に来る方の多くが一番お気に入りなのが、この紅焼のソースかと思います。
これだけでも、ご飯が何杯も食べられます。



北京ダック



以前は花巻にダックを挟むタイプの北京ダックでしたが、今回はいわゆる普通の北京ダックとして出てきました。
皮はぱりぱり、甜麺醤ソースも良い感じでした。



フカヒレ入り土鍋そば



さっぱりしているようで、とても濃厚なスープのつゆ蕎麦でした。
スープは特に絶品で、最後まで飲み干してしまうほどの美味しさです。



杏仁豆腐



最後の〆のデザートは定番の杏仁豆腐です。
量がたっぷりで、最後まで満足させる一品です。



筑紫樓 丸の内店中華料理 / 二重橋前駅東京駅大手町駅
昼総合点★★★★ 4.5