2016年4月4日月曜日

京都桜 西龍華 具足山 立本寺 本堂前の桜の枝ぶりは圧巻

日蓮宗・京都八本山のお寺のひとつで、大本山妙顯寺・本山妙覚寺・本山立本寺を三具足山と呼んでいます。

清水寺などと比べると知名度は高くはないですが、重要文化財や文化財に指定されている建物や宝物が多数あり、更に素敵な庭園もあります。

石田三成に仕えた島左近の墓がある事でも知られています。

最近は、JR東海の「そうだ京都いこう」の桜の名所としても立本寺が取り上げられています。
1771年に建造された山門には大きな桜の木があり、出迎えをしてくれます。



1743年建造の本堂の正面には覆いかぶさるように桜が枝を伸ばしています。
本堂の正面にかかげられている額の『立本寺』の文字は本阿弥光悦の筆だそうです。



夏には蓮の花が咲くとのことですが、夏に京都には中々行けないですね。


そのほかに刹堂や祖師堂があります。
祖師堂は寺町今出川の旧立本寺跡地から移築されたもので、1708年の建造と一番古い建物にあたります。



本ブログの「日本全国の定番から穴場までおススメの桜の名所」を紹介した記事のリンク集です。

日本全国の定番から穴場までおススメの桜の名所

ブログ内で紹介した日本各地の桜の名所や定番そして穴場など実際に訪問した時の写真を交えて紹介した記事のリンクをまとめたものです。