2016年6月22日水曜日

雲丹が美味しいすぎ乃は移転して高級感が増しましたが、美味しさは変わらず。

ここ10年の間に何度が移転しており、今回のお店は外装、内装ともとてもきれいでした。
今回の移転で座席数を減らしたという事のようなので、予約が取りにくくなっている可能性もあります。




ここで美味しい雲丹を食べるには事前に雲丹の種類と量を予約しておく必要があります。ただ、仕入れの際にに雲丹に余裕がある場合は、小を頼んでいても、お腹の具合で中に変更することも可能な場合があります。

二色丼ランチ


二色丼ランチはどんぶりの大きさが決められているので、雲丹の時価で価格が決まります。


うに丼ランチ


うに丼ランチの方は塩水馬糞雲丹で中の大きさで予約しました。雲丹は紫雲丹も選択できます。大きさは大中小の3種類があります。



ランチにはこれらの丼以外に小鉢や魚料理が付属します。
通常のランチはうに丼の代わりに白いごはんが付くという感じのようでした。


雲丹が目的なので、小鉢なんかと思っていましたが、実際食べてみるとどれもが美味しい仕上がりになっていて、通常のランチが人気があるというの納得でした。


異なる日に訪問した時のレポートです。

すぎ乃では、札幌市内では一二を争う美味しい雲丹が食べられる:珠玉の空間

積丹で雲丹などの漁をしている網元が直営しているレストランです。 私が札幌に行って雲丹を食べるのはこの店と決めているレストランです。 店名が、網元積丹港屋すぎの札幌店から「すぎ乃」に変わっていました。 ...