2016年7月26日火曜日

横浜みなとみらい上空に航空自衛隊のブルーインパルスが飛んできた

7月14日~17日の期間横浜市のパシフィコ横浜で「サマーコンファレンス2016」が開催されました。
サマーコンファレンスは公益社団法人日本青年会議所主催のテーマに従った政治・経済・社会など様々なジャンルのファンクションを行うものです。

開催テーマは「アウフヘーベン」。矛盾し対立している2つの問題に直面したときに、 一方が正しいと考え一方を否定するのではなく、 共に包含し統合し超越することによって、より高次の段階に進むという考えだそうです。

そのカンファレンスの開会に合わせて航空自衛隊のブルーインパルスによる展示飛行が行われました。ブルーインパルスは航空自衛隊の存在を多くの人々に知ってもらうために、航空自衛隊の航空祭や国民的な大きな行事などで、華麗なアクロバット飛行(これを展示飛行と呼びます)を披露する専門のチームのことを言います。


正式名称は、宮城県松島基地の第4航空団に所属する「第11飛行隊」。青と白にカラーリングされたT-4ブルーインパルスと言う名の航空機を使って展示飛行が行われます。

当時は雨は降りませんでしたが、暑い雲に覆われてコンディションはとても悪い状態でした。


前日15日の予行演習は雨のために中止になってしまったので、ぶっつけ本番となってしまいました。
当日も、9時、10時、11時の天候調査では、実施の判断が困難との状況が続いたため、最終判断を11:40に行う事になったそうです。
天候調査の間、単独機が上空を旋回しておりました。






開催予定時間を過ぎましたが、何も放送がなく、中止かと思っていたら、編隊を組んだブルーインパルスがワイドデルタローパスの隊形で進入してきました。

2回目の進入は「ポイントスターローパス」




3回目の進入は「スワンローパス」





4回目の進入は「グランドクロスローパス」




途中で何度か、展示飛行の中断がありました。
理由は飛行空域内に他の飛行機が侵入してきたという事のようです。
午後からも、別のイベントでレスキューの展示などのイベントがありましたので、ヘリコプターなどが不用意に入ってしまったのではないかと思われます。

5回目の進入の途中で演目が急きょ取り消しになり、スルーで通過するのみとなりました。
中断などで時間を取ってしまったため、次の進入が最終演目になってしまいました。

最後の進入は「デルタローパス」





今回、展示飛行には参加しなかった現役のブルーインパルスのパイロットによるサイン会や、グッズ販売なども行われていました。

国立競技場で行われたファイナルイベント「SAYONARA 国立競技場 FINAL FOR THE FUTURE」で展示飛行した時の記事です。

ブルーインパルスが50年ぶりに国立競技場に帰ってきた

航空自衛隊のアクロバット飛行チーム「ブルーインパルス」が5/31に国立競技場で行われたファイナルイベント「SAYONARA 国立競技場 FINAL FOR THE FUTURE」で展示飛行を実施しました。 50年前の東京オリンピック開催時にブルーインパルスが国立競技場の上空で煙で5つの輪を描いたという事で、国立競技場に最後の挨拶に来たようです。 ...