2017年1月29日日曜日

イタリアの高級食材店PECKの総菜はハイセンス

ペック(PECK)はイタリアはミラノにある1883年創業の高級食料品店です。
創業者はFrancesco Peck(フランチェスコ ペック)氏でドイツからのハム・加工肉を販売していました。

品質にこだわる店として有名で、皇室御用達にもなりました。

その後、経営者が変わっていきますが、品質維持に関してはどの代になっても変えなかったため、世界有数のデリカテッセンになりました。

日本では高島屋百貨店に出店しています。




実際にPECKで購入して商品をご紹介していきます。



スモークバーナ貝のオイル漬


ニュージーランド産の新鮮なバーナ貝を丁寧にスモークし、オイル漬けにしたもので、パスタなどにも合うとのことです。


スモーク感がしっかりとしていて、牡蛎の粒も大きく食べごたえのある一品でした。



スモークスカロップ


北海道のオホーツク海産の新鮮な帆立貝柱を丁寧にスモークしました。豊かな風味とコクのある味わいが特徴です。


干し貝柱とはまた違った風味で帆立が美味しく頂けます。火があまり入っていないので、生のような触感とスモーク感が入り混じった美味しい一品です。