ラベル デパ地下グルメ の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル デパ地下グルメ の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2017年4月2日日曜日

なだ万厨房のお惣菜は当たりはずれが多いような気がする

なだ万は1830年灘屋萬助氏が料亭「灘萬」の母体というべき料理屋を大阪で創業したのが始まりとなっています。

その後、スーパーマーケット、デパート、レストランと続き、レストランは東京の帝国ホテル本館に出店するなどして有名レストランとなっていったようです。

1995年になだ万の味を気軽に楽しめるよう「料亭のおもてなしを食卓へ」をコンセプトに、お弁当やお惣菜を販売する「なだ万厨房」を三越日本橋本店に出店したのが始まりとなっています。

なだ万厨房で実際に購入した商品をご紹介します。


2017年1月29日日曜日

イタリアの高級食材店PECKの総菜はハイセンス

ペック(PECK)はイタリアはミラノにある1883年創業の高級食料品店です。
創業者はFrancesco Peck(フランチェスコ ペック)氏でドイツからのハム・加工肉を販売していました。

品質にこだわる店として有名で、皇室御用達にもなりました。

その後、経営者が変わっていきますが、品質維持に関してはどの代になっても変えなかったため、世界有数のデリカテッセンになりました。

日本では高島屋百貨店に出店しています。




実際にPECKで購入して商品をご紹介していきます。


銀座アスターのデパ地下総菜はどれもが丁寧に作られている

銀座アスターといえば東京の銀座通りに面する位置にある創業1926年の老舗の中華料理のレストランです。

店名のアスターは開業当時に上海にあった超一流の高級ホテルであるアスターハウスから取ったとのことです。

東京、神奈川、千葉、埼玉、名古屋、大阪に38店舗を展開していますが、百貨店などの商業施設にお惣菜を販売するデリカショップも展開しています。

デリカショップで購入した美味しいお惣菜を紹介したいと思います。


2017年1月12日木曜日

ターブルオギノのパテ・ド・カンパーニュはシンプルな味で絶品でした

ターブルオギノ(Table OGINO)は東京世田谷区池尻にあるフレンチオギノが手掛けるスロウフードの総菜を販売している店舗です。

フレンチオギノはオーナーシェフ荻野伸也さんが手掛けるレストランです。
協力農家さんが多数あり、ここから送られてくる食材を如何に料理していくかに挑戦されているフレンチレストランです。

ターブルオギノの代表的な商品がパテ・ド・カンパーニュになります。
私はエキュート品川に店舗ができた2012年に出会い、今まで買おうと思ったこともない、パテ・ド・カンパーニュを購入した店舗として、ずーっと記憶に残る店となりました。