2018年4月26日木曜日

札幌のランドマークであるさっぽろテレビ塔は昼の姿も夜の姿も素敵な雰囲気

札幌の観光地は数々あれど、やっぱり一番有名なのは時計台でしょうか。
でも、私はやっぱりさっぽろテレビ塔が一番お気に入りです。
ここの時計には子供のころからお世話になっています。
大通公園と創成川の間に建っていて、大通公園から借景になっているのがとても雰囲気が良いです。

さっぽろテレビ塔は札幌でのテレビ放送のために1956年に建設された高さ147.2mの鉄塔です。日本の建築構造家である内藤多仲さんが設計したタワー6兄弟(名古屋テレビ塔 通天閣(2代目) 別府タワー さっぽろテレビ塔 東京タワー 博多ポートタワー)の一つで、東京タワーよりも先に建設されました。

2002年にはテレビ父さんなるキャラクターも登場しています。



黄昏のさっぽろテレビ塔





夜のさっぽろテレビ塔


夜になってもテレビ塔のイルミネーションや噴水などが大通公園に色を添えます。
東京タワーのイルミネーションに比べるとかなり、派手な感じがします。



立ち止まって見ていると、噴水が想定以上に変化するのですこし見入ってしましました。


中々、この風景が見られるホテルがないのが残念ですね。


朝方のさっぽろテレビ塔



ホテルから見た朝焼けの中のさっぽろテレビ塔の上部だけ。