京都 柚子屋旅館 一心居 懐石料理の鯛しゃぶの〆の柚子雑炊は見た目も味も圧巻

グルメ

柚子屋旅館は紅虎餃子房などを展開する際コーポレーションが展開する京都市の祇園にある料理旅館で、和のオーベルジュとも言われ、門をくぐるだけで、八坂神社や四条通の喧騒から解放され、静寂を獲得することができます。

柚子屋旅館に併設されているごはん処は一心居と呼ばれ、宿泊者のメインダイニングなのですが、単純にレストランとして宿泊者でなくても、席に余裕があれば、ランチやディナーを頂ける場所です。

宿泊者向け懐石料理

お椀

最初に出てきたのが椀物でした。
鯛のすり身がたっぷり入っており、汁も大根を使ってでしょうか、すこしとろみがある不思議な椀物でした。
山葵が良い味だしています。


向付

 お刺身もマグロ、海老と日本人が好きなものをちゃんと押さえてありました。
そして、敢えて山菜を含めるという処にセンスを感じます。


焼き物

 お魚は西京焼きで出てきました。幽庵焼きというらしいですが。
ごはんが欲しくなるほど、味が濃くなく、魚だけで美味しく頂けるように仕上げられていました。


牛肉は単純なステーキではなく、朴葉の味噌焼き風に仕立てられておりました。
ここで使われている味噌が今まで食べたことがない新しい味で、一口で気に入りました。


豆腐鍋

豆腐鍋と聞いて、京都なので、湯豆腐かなと思っていたら、鍋の中には豆腐と柚子のスライスのみが入っていました。
柚子のほんのりした薫りで豆腐を頂くという不思議な体験をしました。


豆腐をある程度頂くと、鯛の切り身が出てきます。
その間に鯛のヒレの部分などを焦げる寸前まで焼きこんだものを鍋に入れて、出汁をだすという作業が進められていました。


鯛しゃぶ

出汁が良い感じになってきたら、ようやく鯛しゃぶとして頂くことができます。


鯛はそのまま食べても良いですし、柚子胡椒を付けて食べても良いとのことです。
どちらでたべても美味しさは変わりませんし、生の柚子をそのまま絞って、味を調えても良い感じです。

鯛しゃぶを食べ終えると、一旦、お鍋は退場になります。

柚子雑炊

 こちらがまた食べたくなった柚子雑炊で柚子が真ん中にどーんとある存在感にまずびっくりさせられます。
また、玉子もたくさん入っています。


しかしながら、この柚子が曲者です。
美味しさをたっぷり出そうと、押してみたり、長く入れていると逆にえぐみが出て、美味しくなくなるという絶妙なタイミングで出来上がる料理だそうです。
今回も美味しく頂くことができました。
お腹もたっぷりでしたが、ペロリといけます。

デザート

デザートは何と2品です。
柚子のシャーベットと餡子のお餅です。


餡子のお餅は蓬餅のような色合いでした。


柚子のシャーベットはかなり大きく、食べ応えがあります。


これだけの柚子がでても、まだ食べ飽きることがなく、更にこのあと柚子風呂にはいっても幸せな気分になれるのが不思議ですね。

宿泊者向け朝食

おそらく、メニューからすると朝食の一番のご馳走が、御釜で炊いたご飯になります。
という事で、ご飯以外はご飯を美味しく頂くためのおかずというラインナップです。

御釜ご飯

御飯は持つのがとっても、つらそうな重厚感あるお釜に入ってきます。
このお釜で炊いたのが、蓋の周りを見て、すぐに分かります。


艶艶のご飯が少なくとも2杯以上は食べられるくらいの分量が入っています。
御飯は真っ白で、ご飯だけ食べても美味しい仕上がりでした。


おはんざい

おかずはおばんざいのように複数の小皿で供されます。


朝食の定番おかずと言えば、やはり、玉子焼きと焼き魚でしょうか。
色々なおかずの真ん中に王者のように大皿で鎮座しておりました。
夕食もそうでしたが、焼魚は品がある仕上がりになっていました。


お雑煮

今回はお正月に近いという事もあって、お雑煮が付きました。
普段は食べたことのない、白みそのお雑煮です。
京都で初めて食べてから、お気に入りのお雑煮になりました。




QooQ

PAGE TOP