北海しゃぶしゃぶ 牛肉のしゃぶしゃぶよりも激うまの羊肉のしゃぶしゃぶに出会った

グルメ

 北海道で羊肉を食べるという事になると、大抵の場合、ジンギスカンになるかと思います。

ジンギスカンも漬け、生、そして最近は塩などバラエティも増えてきています。

でも、北海道ではまた違った食べ方ができます。
それが羊肉を使ったラムしゃぶしゃぶです。

札幌市でラムしゃぶの草分け的なお店として、「北海しゃぶしゃぶ」があります。
一度食べて癖になってからは、北海しゃぶしゃぶは札幌に行くと必ず寄るお店のひとつになりました。

東京の銀座にも北海しゃぶしゃぶがありますが、何故かあまり食べに行く気になれないのはどうしてなのでしょうか。

ラムしゃぶセット

既にお鍋はセットされていました。

ラムしゃぶしゃぶ

私たちが座ってから、火が入れられました。

コースとしては食べ放題と食べ放題に飲み放題がついたコースがあります。
私は飲まないのですが、何故かクーポンを使うと飲み放題付きの方が付かないコースよりも安くなるというのもあり、飲み放題を付けました。

北海道限定のサッポロクラシックも飲み放題になります。
また、ノンアルコールも用意されており、ナポリンやガラナなど北海道ならではのラインナップとなっていました。

食べ放題のお肉

お代わり自由なお肉はラム肉と豚肉の2種類があり、異なる食感が楽しめて良かったです。
ラム肉は超極薄にスライスされており、1度に3~4枚をいっぺんに食べても大丈夫な感じです。

ラム肉

こちらが豚肉になります。
でも、この店に来ると、豚を食べているのが損な感じがして、ラム肉の方をお代わりしてしまいますが、豚肉も美味しいので、こちらも頑張って食べてしまいます。

豚肉

タレが独特のブレンドされた醤油ベースのタレを使っています。
これが何枚でもいける原動力になっているような気がします。
好きに足せるようにテーブルにポットに入って常備されています。

薬味は大根のように見えて玉ねぎでした。

薬味

また、俵おにぎりも食べ放題です。
この店に初めて来たときには食べ放題なのに、おにぎりなんか食べている場合じゃないと思っていたのですが、一口食べると道産米というのもあって、結局全部ペロリといってしまいます。

俵おにぎり

最後の〆はやっぱり、麺ですね。
麺も何度もお代わり自由です。
北海道の西山製麺の麺のようなちぢれ中太麺です。

麺

最後にデザートとして、アイスクリームが供されます。
これも季節の果物を使っており、何気にこだわりを持って、供している感じがとてもします。

アイスクリーム


北海しゃぶしゃぶ 大通店しゃぶしゃぶ / 大通駅西4丁目駅狸小路駅
夜総合点★★★☆☆ 3.5



QooQ

PAGE TOP