Umekoji Potel KYOTO 梅小路ポテル京都 併設のCafeでは川島良彰氏の世界最高品質のコーヒーが楽しめる

グルメ

京都に昔からある梅小路機関区の周辺が整備され、JR西日本が管理するデザイナーズホテル「梅小路ポテル京都 Umekoji Potel KYOTO」が誕生しました。
なぜ、ポテルなのかというと「港のように価値ある出会いが行きかう場所」という思いを込めて港のポートから派生させたということのようです。

この梅小路ポテル京都内にはレストランとカフェが併設されています。
レストランはホテル宿泊者をターゲットにしており、朝、昼、夜と美味しいものが食べられるようです。

カフェは一見のお客様も受け入れてくれる、少しカジュアルな雰囲気を持っています。
とはいっても、デザイナーズホテル内にあることから、テーブルなどもいろいろとこだわりをもった設計となっていて、その時の気分によってお気に入りの席を選ぶことができます。

ホテルの目の前が公園にもなっているので、テイクアウトメニューも充実しています。
今回はゆったりしたいこともあり、店内で楽しみました。


珈琲は産地だけでなく、酸味、甘味、苦味が4段階で示されているので、好みの珈琲が決めやすくなっていました。
また、ハンドドリップと通常のドリップでも価格差があり、どこまでこだわるかという思いも達成することができます。
ウェブサイトの説明によると、

世界各国 3,000近くのコーヒー農園を知る コーヒーハンター José. 川島良彰氏が2008年に設立。世界最高品質のコーヒーを追求する「MI CAFETO」。

MI CAFETOのウェブサイトは以下となっています。

世界最高品質のコーヒーを追求する株式会社ミカフェート

「すべてはコーヒーのために。」ミカフェートはコーヒーハンター川島良彰が築いた品質基準をもとにした世界最高品質のコーヒーを追求しています。


珈琲以外にもMLESNA TEA HOUSEの紅茶やボトルビール、ノンアルコールカクテルなど、種類も豊富です。

今回のメインはホットサンドをチョイスしました。
中身は3種類から選べましたが、私はオーソドックスにハムチーズにしました。
焼きたてというのもあって、とても美味しい仕上がりでした。
それと、付け合わせのポテトチップも自家製で意外とハマりました。

梅小路ポテル京都 カフェカフェ / 梅小路京都西駅丹波口駅東寺駅
昼総合点★★★☆☆ 3.0



QooQ

PAGE TOP