ラベル 日本の桜 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 日本の桜 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2018年4月15日日曜日

今年の千鳥ヶ淵の桜は少し早めだったが見ていて落ち着く桜ばかり

2018年03月24日訪問

今年の東京の桜の開花は3月17日と異常に早く、4月まで桜がもたない状況となりました。1週間後の3月24日は開花一週間後ということで満開に近い状態を期待してはいたのですが、その後、気温の低い日も続いてしまったので、5分咲程度の状態でした。

千鳥ヶ淵は東京都千代田区内で一番の桜の名所と言われ、皇居西側の千鳥ヶ淵に沿う全長約700mの遊歩道で、千鳥ヶ淵戦没者墓苑入口から靖国通りまでに260本の桜が咲いています。

都内でも屈指の桜の名所となり、例年100万人の人出があり、ピーク時には緑道が第十台となり、落ち着いて桜を見ることもままならなくなります。


2016年7月3日日曜日

札幌円山公園は動物園と桜が有名。花見の桜はジンギスカンの香り

札幌市で一番有名な花見どころは円山公園だそうです。

理由は桜が咲く期間の内、最盛期の1週間ほどの期間、円山公園では火気の使用が許可されるからだそうです。そう、目的は当然、花見ジンギスカンのためだそうです。

最近は食材だけ持っていけば、そのほかのものはレンタルで揃えることもできるらしいです。しかし多くの方々はマイ道具を持ってきている感じでした。

場所はある程度限定されているようですが、北海道神宮の境内の一部でもOKという処が、心の広さという処でしょうか。


2016年6月29日水曜日

札幌恵庭自転車道路の桜は歩行者でもそぞろ歩きで花見が楽しめる

地元局のテレビで札幌市内の南郷7丁目から18丁目辺りの自転車道に綺麗に桜が咲いているという情報を得たので、早速行ってみました。

札幌恵庭自転車道路は名前の通り、札幌市中央区から恵庭市中心部までの整備が予定されている自転車道路です。
北広島駅までは、旧千歳線の廃線敷を利用して整備されており、通称はエルフィンロードと呼ばれています。

札幌市営地下鉄の南郷7丁目駅まで地下鉄で行き、そこから札幌恵庭自転車道路に進むと両脇に桜が咲く区間に行くことができます。


2016年6月27日月曜日

北海道庁旧本庁舎の池のほとりに咲く桜が満開

北海道庁旧本庁舎は「赤れんが庁舎」の愛称を持つ煉瓦作りの建物で、1888年に建てられました。

外観はアメリカ風ネオ・バロック様式の洋風建築物で国の重要文化財になっています。
1968年まで現役で道庁として使われており、現在は無料で内部を見学できます。

北海道庁旧本庁舎の敷地には霞桜や八重桜などの桜が植えられており、約1か月間に渡って花見ができる人気スポットです。